育児・生活

【レビュー】楽しくピアノを学ぶならアンパンマンが間違いなし!

ピアノ,レビュー,あかまむブログ,AkamamBlog
あかまむ

年子育児奮闘中のあかまむです♪

最近4番目の娘に買ったアンパンマンピアノのレビュー記事を書いています。

子供にピアノのおもちゃの購入を検討されている方の参考になれば幸いです^^

小さい子供にアンパンマンがおすすめな理由

あかまむ

0歳児~3歳児くらいの赤ちゃんや小さい子供たちは、必ずといっていいくらい「アンパンマン」が大好きですよね!

なぜなのか理由を考えたことはありますか?

これは、ちゃんと心理学的に理由があるんです。

赤ちゃんや、小さい子供たちがアンパンマンを好きになる理由を知れば納得できますよ♪

お名前.com

生後3ヶ月の赤ちゃんに行った実験

心理学者のファンツの実験をご存知ですか?

ファンツは生後3ヶ月の赤ちゃんに6つの円の刺激を用いて実験しました。

参考画像

  • 人の顔のイラストが描かれた円
  • 幾何学模様の図形が描かれた円
  • 羅列された文字の円
  • 白色に塗りつぶされた円
  • 黄色に塗りつぶされた円
  • 赤色に塗りつぶされた円

心理学者ファンツは生後3ヶ月の赤ちゃんにこの6つの図形をみせて、どの円を長くみているか時間を計測したそうです。

結果はどうなったの?

結果はどうなったのでしょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんが1番長く見ていたのは人の顔が描かれた円だったそうです。

あかまむ

ちゃんと人の顔が認識できているんでしょうか。

次に長く見ていたのが、羅列された文字の円と模様が描かれた円だそうです。

最後に赤、白、黄色に塗りつぶされた円だったそうです。

この結果からもわかるように生後3ヶ月の赤ちゃんでも人の顔を、しっかり区別して認識していることがわかりますよね!

そして更に実験を進め、生後3ヶ月の赤ちゃんは「正面を向いた人の顔」を見ると高確率で赤ちゃんが笑ったという結果がでています。

丸い形に顔が描かれているアンパンマン

実験を進めていく中で、赤ちゃんは「まるい形」をしたものと「赤い色」をしたものを、よく見ていることもわかりました。

「正面を向いている顔」、「まるい形」、「赤い色」

「正面を向いている顔」「まるい形」「赤い色」って何を思い浮かびますか?

まさしく実験すべての項目に当てはまったキャラクターが【アンパンマン】なのです!

あかまむ

このような実験結果からも証明されているように、小さい子供がアンパンマンを好きになる理由がわかりますよね^^

アンパンマンの光るピアノ

今回、筆者が購入したアンパンマンの光るピアノ。

あかまむ

1番下の次女の誕生日プレゼントに買いましたが、2歳の次男にも大人気で2人で仲良く?遊んでいます^^

次に、このアンパンマンの光るピアノの主な機能についてご紹介します。

アンパンマン光るピアノの機能

アンパンマンの光るピアノには、さまざまな機能がついています。

point

  • 鍵盤を光でガイドする「ひかりレッスン」
  • 音楽に合わせてアンパンマンのお鼻がピカッと光る。
  • ひかりレッスン機能がついていて、どの鍵盤を押してもメロディが1音ずつ順番に流れる。
  • 曲をひき終えるとアンパンマンとなかまたちがほめてくれる。
  • デモ曲を聞くことができ、曲の再生中は自由に演奏できる。
お名前.com

おすすめポイント

筆者が、良いなぁと思ったのは、ひかりレッスン機能です。

曲に合わせて1つずつ鍵盤が光ってどの音をひけばいいか教えてくれるので自然と覚えることができるのかなと思いました。

鍵盤の場所を曲に合わせてテンポよくひいていくことで知らず知らずのうちに曲を覚えることができるのではないでしょうか。

あかまむ

そして曲をひき終えるとアンパンマンとなかまたちがほめてくれるので、子供たちもやる気が出ますよね♪

アンパンマン光るピアノはこちら

筆者宅での様子

あかまむ

年子の兄弟に大人気です(笑)

鍵盤ひとつひとつに「ド・レ・ミ」など音の名前がついているので、「ド」の場所はここ!など位置を覚えることができますよね。

子供にピアノを学ばせる効果

ピアノの学ばせる効果を考えたことはありますか?

両手でピアノを演奏するときは、それぞれ両手の指をバラバラに動かしますよね。

片方の手はメロディを弾き、もう片方の手は伴奏を弾くといった具合です。

更には、足でペダルを踏みながらの演奏になります。

よくよく考えてみるとリズムをとりながらこれだけのことをして演奏されているんだなぁと感心させられますよね。

あかまむ

すごいです。

ピアノは、このように手だけではなく足も動かしながら演奏しないといけない楽器になります。

そのため、ピアノは脳をかなり刺激しやすく、他の習い事をさせた場合よりも脳機能が活発に働くとされているんです。

ピアノ学ぶのは小さいうちがおすすめ!

ピアノを習わせるのは小さいうちが良いと聞いたことはありませんか?

ピアノを子供に習わせるのは、3歳くらいが良いと言われています。

なぜかというと3歳になる前の小さい子供って言葉もしっかりは話せないですよね。

こういった理由からも、パパやママ、周りの人達の言葉を理解し始めた3歳くらいが1番ピアノを習わせるのに良いと言われている理由になります。

3歳になったらすぐにピアノを習わせる?

いざ3歳になった!さぁピアノ習わせよう!ってなっても実際は親の希望であり、子供があまりピアノに興味を示してくれないというのもあるあるですよね。

そんな状態でピアノに限らず、習い事をさせることでその習い事自体が嫌いになってしまいます。

そういった状況を避けるためにも、まずはおもちゃのピアノからまずはじめてみるなど。

小さい子供が大好きなアンパンマンのピアノのおもちゃを与えることで興味を示してくれるきっかけになります。

お名前.com

まとめ

いかがだったでしょうか。

小さい子供たちが大好きなアンパンマン

アンパンマンの光るピアノだと、子供も遊びながらピアノや音楽を好きになってくれます。

楽しく遊びながら自然にピアノを好きになってくれるのが1番ですよね♪

子供の心理学的にも理由があるように、大好きなアンパンマンのピアノから始めてみるのもありかもしれませんよ^^

アンパンマン光るピアノを見てみる

あかまむ

人気ブログランキング&ブログ村に参加しています。

クリックしていただけると励みになります^^


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の投稿をcheck

-育児・生活
-, , ,