仕事・副業・資格

【主婦の実体験】クラウドワークス→クライアントと直接契約って大丈夫?気を付けたいこと

あかまむブログ,クラウドワークス,直接契約

あかまむブログをご覧いただき、ありがとうございます(^^♪

私は、ワードプレスでブログを始める以前にからクラウドワークスを始めていて、

クラウドワークス歴は約3年くらいになります。

クラウドワークスを始めた当初は、右も左もわからずネットで用語や、操作方法など調べながら操作したりしていました。

仕事もアンケート回答など、単価の低い簡単なものばかりしていました(;^_^A

主婦が在宅ワークでお小遣い稼ぎといったら、クラウドソーシングサイトは本当にありがたいサービスですよね!

その中で私は現在進行形で、直接契約をしてお仕事をしているクライアントが2人います。

今回は、クラウドワークスを通して仕事を受けていた状態から、クライアントと直接契約をしても大丈夫なのか?

ということについて私の実体験を含めて、書いていきたいと思います。

直接契約をするメリット、デメリットも書いていますので、現在クラウドワークスをしていて、直接契約をするか悩んでいる方に参考にしていただけると幸いです。

クラウドワークスを通さない直接契約とは?

直接契約とは、クライアントとワーカー(自分)がクラウドワークスを通さずに個人で連絡を取り合い依頼を受けたりすることです。

私は今まで過去4人のクライアントと、クラウドワークス→直接契約を結んでいます。

4人のうち現在も一緒にお仕事をさせていただいているクライアントは2人いて、

そのうちの1人の方とは、現在まで2年ほどお付き合いさせていただいています。

その中で気づいたことや、長く信頼関係を築くコツなど気づいたことを書いていきたいと思います。

クラウドワークスを通さない直接契約のメリット

クラウドワークスを通さずに直接契約をするには、初めはクラウドワークスでお仕事をします。

クラウドワークス内のメールのやり取りで、チャットワークなど外部アプリからの連絡で直接契約の提案をされることもありますし、

クラウドワークス内で何回かお仕事をさせていただき、信頼関係を築いた後に、直接契約の提案をされることもあります。

直接契約までのパターンは様々あると思いますが、その中で直接契約になるメリットやデメリットを私なりに書きました。

お名前.com

手数料が引かれない

最大のメリットは、ここかなと思います。

現在クラウドワークスでは、報酬から10%もの手数料が引かれます(*_*;

私はワーカーとしてしか登録したことがないので、

クライアント側の手数料は分かりませんが、もちろんクライアント側にも手数料がかかると思います。

直接契約をするとクラウドワークスから手数料も引かれずに済みますし、

ワーカー側としては、自分が働いた分の報酬が丸々貰えるので、報酬の計算もしやすいと思います。

報酬の受け取りがスムーズ

クラウドワークスの報酬の受け取りは、報酬確定後から毎2回の振込があります。

毎月15日と月末の2回になります。

そして振込み手数料は、楽天銀行で100円、他銀行で500円もかかってしまいます…

報酬から10%も引かれる上、振込手数料までかかってしまうとなると、コツコツ稼いだ分が手数料分として引かれてしまうようなものです。

正直、私にはこれが一番イタイと思いました…(^_^;)

報酬の管理がしやすい

クラウドワークスから手数料が引かれない分、自分が働いた分の報酬が丸々手元に入るので、

報酬の管理がしやすいと思います。

クライアントに報告・連絡・相談がしやすい

クラウドワークスのメッセージは、アプリを開く必要があり、こちらはスマホなどで通知がすぐに来るように設定をしていても

クライアント側がすぐに気づかない状態ということもよくあります(>_<)

なので、こちらが質問をしたい時などすぐに返信が来ない場合が多くて困ってしまいます。

連絡がこないと作業が進まないし、不安になりますよね…

そういった理由もあって?

クラウドワークスで契約をした後に、直接契約でなくても

チャットワークなど外部アプリを使って、連絡を取るクライアントが多いように感じます。

直接契約になるとチャットワークなどのアプリで連絡を取るため、

こちらが報告や相談などをしたい時もクライアントからの返事が来やすいです。

クラウドワークスを通さない直接契約のデメリット

次に、クラウドワークスを通さずに直接契約をする際のデメリットを書きます。

報酬面ではメリットが大きい直接契約ですが、もちろんデメリットもあります。

実際に私も、解決せずに泣き寝入りをしなければならない事もありました。

このことについてもご紹介していきたいと思います。

お名前.com

問題が起きたときに双方で解決するしかない

万が一、仕事の内容などで問題が起きたとします。

よくあるのが、契約と違うなど紹介されていた仕事と違うことをクライアント側が言ってきた場合です。

その際に、きちんとクラウドワークスを通していると途中キャンセルなど、クラウドワークスに間に入ってもらうことで解決することもあります。

これ以外にも、仕事を一緒にし始めて不満が出てきてしまうことってあります。

そういった場合に、クラウドワークスに間に入ってもらうことにより、自分だけじゃ解決できない問題もスムーズに解決することができやすいのかな~と思います。

特に在宅ワークは、直接会ってお仕事をするわけではないので、基本的にメッセージでのやり取りになりますよね(;^_^A

毎回、メッセージのみで解決しなければならないことが多くて理解力も必要で大変に感じました。

そして、より信頼関係がないと、お互い仕事をしていくのが難しいように感じます(;^_^A

相性は大事ですね…。

未払い問題が発生する可能性も

これは私が直接契約をしたなかで、1人のクライアントと直接契約をした時に実際にあったお話です。

クライアントの中には、ズームなどの事前面談もなく、

書面なし、メッセージのみのクライアントも存在します。

なので、本名なのかも分からず、当然住所も顔も知らないどこのだれかもわからないクライアントも存在します。

このような状況で、直接契約をしてしまうと、

万が一報酬のみ場合があった場合はこちらは泣き寝入りするしかありません。

契約をした私にも問題ありますが…(;^_^A

契約書などを交わしてない状態だと、仕事をした証拠もありませんし、請求するにも難しいと思います。

幸い私の場合は、大した金額ではなかったため、これも勉強と思って諦めました(>_<)

ゼロではないので、不安がない状態でお仕事をしたい方は、クライアントと雇用契約書を交わされることをおすすめします。

とは言っても、ちゃんとした契約書を交わしたのにも関わらず、一緒にお仕事をしていくのには困難だということになり、

2ヶ月足らずで契約終了になったケースもありました。

お互いクラウドワークスで、何度か仕事をして安心できると思った段階で直接契約に臨むのが一番いいのではないかと思いました。

クライアントと直接契約は自分から提案しても良い?

私は今までで、4人のクライアントと直接契約を交わしたことがありますが、

この4人の方、すべて私から直接契約をお願いしたわけではありません。

直接契約を希望しますか?という感じで聞かれたこともありますし、はじめから直接契約のつもりで契約をしたパターンもあります。

自分から直接契約を提案するのもありかもしれませんが、

私は何度かお仕事をさせていただいて、お互いに信頼関係を築けると思った場合のみ、直接契約の提案をした方が

安心できるような気がします。

手数料が引かれないメリットがありますが、報酬をもらえなかったら時間が無駄になってしまいます(>_<)

まとめ

今回のまとめとして、一番はやっぱりクライアントとの相性は重要だということかなと思いました。

外の仕事とは違い、クラウドソーシングサイトでお仕事を受ける=相手のクライアントとも会わない。

音声通話や、zoomなどで話をすることはあっても、実際に会ってお仕事をするわけではないので、

クライアントとの相性は本当に重要だと思っています。

基本、メッセージのみのやり取りになるので事務的なやり取りばかりだと冷たく感じてしまうことももちろんありますし、メッセージの内次第で気分を害することもあります。

もちろんワーカー側もそういったことを考えながら送らなければならないと思います。

今回の記事で、クラウドワークス直接契約を考えている方に少しでも参考になれれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

あかまむ

人気ブログランキング、ブログ村に参加しています♪

ぽちっといつもありがとうございます!(^^)/


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

-仕事・副業・資格
-,